以前はなかった。

2018.02.22(木)


 こんにちは ^^
今日は朝からシトシト、さきほどはちょっとだけ雪が降りました。
明日は晴れるみたいです。



はぁ~、今朝からため息をついてばかりです。
なんか・・・、気持ちがしっくりこないのです。
何かがあったわけではありません。
今は大好きな冬季五輪開催中で、日本選手の活躍も観られてるし、
大好きな「どうぶつの森」もやってるし、
何も悩みらしい悩みはなく、楽しい毎日のはずなのですが、
たまに無性に寂しくなるんですよね。



これも更年期障害のひとつなのでしょうかね?



さっき友達に「なんか最近、無性に寂しくなる時が時々あるんだけど。」
とメールしたところ、
「私は虚しくなる時がある」と返事がきました。
あ、私も「寂しい」というより「虚しい」があてはまるかな?
自分自身に対して「なんだかな~」と思っちゃうんですよね。
無能に思えてしまうというか・・・。



家で一人きりで仕事をして、あまり他者と会話してないからかな。
少し発散したほうがいいのかな?
と思い、さきほど、



アイスを食べました。← え?



外に散歩に出たり、ご近所さんと立ち話とかしたほうがいいのかもしれませんが、
私は「おウチ大好き」で、外に出たいという気持ちはなく、
ご近所さんと会うのもあまり望んでないというか・・・。



よく考えたら、おウチ大好きで人と会うのがさほど好きじゃない性格って、
よくないですね。← よく考えなくてもわかるじゃろ~。



だいたい2か月に1回くらい、こういう波がやってくるんですよね。
本当はこういう時は無理せずに寝ちゃうのがいいんだろうなぁ。
私、寝ることが好きなので、
昔からストレスがたまったり嫌なことがあった時は、寝ることにしてるのです。



今、ちょっと仕事から離れて気分転換しようと思ったのですが、
寝ちゃおうかな。
でもその分、仕事が夜中にズレてしまうのもいやだな~。
翌朝起きられないと、家事ができなくなるので困るのです。



以前はこんなこと、なかったのにな~。


スポンサーサイト

アイスホッケー。

2018.02.20


 こんばんは ^^
今日はここ数日の中では、暖かくて過ごしやすかったです。
このくらいだといいんだけどな~、と思うのですが、
明日は寒いと言われてます。
どのくらい寒いのかな? 本当に寒いのかな?



 今日はオリンピックで、
女子アイスホッケーの5-6位決定戦の日本 vs スイスの試合があったので、
朝からソワソワしてました。
夕方の5時からNHKのBSで中継されてると聞いてたので、
朝からそれに合わせて家事と内職とどうぶつの森(まだやってる・笑)をして、
夕方5時以降はテレビ観戦に専念しました。
試合結果は残念ながら敗れてしまったのですが、
でも今までの試合を振り返ってみて、
日本の女子アイスホッケーは強くなってると感じました。
一昨日の日曜日の夕方には、スウェーデンとの試合があったのですが、
夕飯を食べる手も止まるほど、夫と2人で試合観戦に集中してしまいました。
目が離せないような試合で・・・、



やはり、アイスホッケーいいな~。
また生で試合観戦したいです。
アイスホッケーって日本ではマイナースポーツのひとつかもしれませんが、
迫力あってスピーディーで見応えがあって、面白いんですよ!
日本は世界の中ではまだまだ弱いのですが、
でも女子はここ数年、間違いなく強くなってきてると思います。
   ( 男子のことは聞かないでおくれ・・・涙。)← 男子、ごめん・汗。


次の北京五輪に向かって、これからも頑張ってほしいです。


しかし・・・、
アイスホッケーに限ったことではないのですが、
全日本の監督が、私が若かったころに見た現役の選手で、
テレビで解説してた方も、私が若かったころに現役で活躍してた選手で・・・、



そうなんですね~。← 意味は悟ってください。


久しぶりに布団で寝ました。

2018.02.19(月)


 こんにちは ^^
今日は午後から曇るかも?と言われてたのですが、
夕方までしっかりと晴れてくれました。
昨日まで天気予報で言われてた「火曜日は雪かも?」というのもなくなり、
明日も晴れるみたいです。



昨夜、久しぶりに寝室の布団で寝ました。
6年以上ぶりでした。



我が家には一昨年まで犬がいたのですが、
その犬が8歳頃から一人で寝てくれなくなり、夜中に寂し気に遠吠えをあげるようになったので、
ご近所迷惑対策で、私は犬と一緒に1階リビングで寝るようになり、
それからずっと、私は寝室の布団で寝てませんでした。
その犬は一昨年の秋に亡くなったのですが、
その時夫は寝室で私の布団を畳み、空いたスペースにテーブルと座布団を置き、
PCや経理グッズ(自営業なので)を並べていたので、私はなかなか寝室に戻れず、
その後もずっとリビングで寝ていたわけです。



6年以上って長いですよね・・・。
私も年をとりました。
もう無理。布団が恋しい。限界だ~っ!!となり、
夫に整理してもらい、寝室に私の布団も敷けるようにしてもらいました。



リビングで寝てた時は、長座布団を並べて冬はコタツに足を入れて寝てました。
久しぶりに寝具で寝た感想は、やはりいいですね!!
体の痛みが全くなく、朝も起きやすかったです。



6年以上もリビングで寝てたのかぁ・・・。
正直、そんなに長くは感じてませんでしたが、
確かに娘が高校生の頃からだったから、そのくらいになるのですね。
リビングで長座布団を並べて寝るなんて、
やはり思うようにまっすぐにはなれないので、体のあちこちが痛くなりました。
でも犬と一緒に寝るのは、楽しかったですョ。
私が寝る場所と犬が寝る場所はだいたい決まっていて、
でも寒くなると犬が私にくっついてきて、
私も心配なので犬にこたつ布団をかけたりしました。



懐かしいです。
「生き返るから、またリビングで一緒に寝よう」と犬に言われたら、
体が辛くても、また喜んでコタツで寝ると思います(笑)。


ありがとう!!

2018.02.17(土)


 こんにちは ^^



う~~~~ん、なんも言えねぇ~。



あ、言葉にならない、っていう意味です。
それに別のメダリストの言葉ですね (//>ω<)
いやぁ~、しかしすごかったですね!
プーさんは今までに、こんなに宙を舞った日はあったでしょうか。
昨日と今日、本当にすごいものを見せてもらいました。
昔だったらこんな光景は見られませんでした。
こんな日を想像したこともありませんでした。



フィギュアスケートの日本人選手が、オリンピックの表彰台に2人もあがるなんて・・・。
この間、女子のスピードスケートでもありましたが、
数日後にまた見られるとは!!
しかも今度は金メダルと銀メダル!!



今は本当に、言葉が見つかりません。
「おめでとうございます。」
「お疲れさま。」
そして、
「ありがとう。」

それだけですね。



15188518190.png 

フィギュアスケートや他の競技の選手の活躍を称えて、
どうぶつの森でもサイのパティちゃんに、
氷上で舞ってもらいました。
       (見づらいけど後ろには、スノボーハーフパイプもできるようになってますョ。)


娘の方が。

2018.02.15(木)


 こんにちは ^^
平昌五輪で日本選手の活躍が毎日見られて、嬉しい私です。
当然ですが、明るいニュースってウキウキしますね。
選手がメダルを取るのも嬉しいですが、
メダルを取ったりいい結果が残すことができて、それを喜んでるお顔を見られると、
こちらもニコニコしてしまいます。



 今、2階に娘がいます。
今月8日に帰ってきたのですが、
12~13日にゼミのメンバー(4年生と3年生)と先生と一緒に伊東へ行き、
卒論の発表会をして、それ以外はずっとこちらにいます。
でも、今日の夕飯を食べたら帰ってしまいます。
明日以降はお友達と旅行に行ったり、大学の卒業式があったりの予定で、
来月26日から就職先で研修が始まるらしく、そのまま入社になるので、
こちらに帰ってくるのは、あと1回くらいかな?



春から娘は、児童福祉関連の仕事に就きます。
お正月もクリスマスも夏休みも、一年中子どもたちと常に一緒にいるのが仕事なので、
こちらに帰ってくることは、滅多になくなりそうです。
私としては、娘が望んだ職種なので、とにかく体に気を付けて前進してほしいと思ってます。



ただ・・・、
夫はかなり寂しいようです。



勿論私も、心配や寂しさはあるのですよ。
でも夫は、私のそういう気持ちとはちょっと違うっぽいんですよね。
やはり男親って娘に対しては、特別な思いがあるのかな。
私の父は、私が赤ん坊の頃に他界したので、ちょっと私にはよくわからないのですが、
「男親は娘に対して・・・」というのは、よく聞きます。



そして女親は息子に対して、特別な思いがあると言われてますよね。
私には娘しかいないので、これもよくわからないのですが、
実は私自身が3人きょうだいで、長男、長女、次女(私)となっていて、
確かに母は姉と私に対してと、兄に対しての考え方は違ったかな?と感じてます。



これってどちらが贔屓して、贔屓されてて、というのではなくて、
父親は女になったことがなくて、母親は男になったことがないので、
心配や気になる部分が大きくなってしまうってことなのかな?
夫は娘のことが気になって、色々と細かく言ってしまうことが多く、
実は今回の帰省中でもそういう場面がありました。
その時娘は辟易した顔をしてたので、
私は娘がいなくなってから、
「そんなに細々言うと本人がうっとおしがって逆効果だから、言わない方がいい。」
「そんなことイチイチ言わなくても、どうってことないから、大丈夫。」
と夫に言ったところ、
「心配しちゃいけないのか?」「何故言っちゃいけないのか?」と、
夫は私に怒って言い返してきて、笑えました(笑)。



「何でも言えばいいってもんじゃないでしょ?」
「間違えて失敗してもやり直せばいいんだから、本人に任せればいい。」
と私が言っても、夫は納得いかないようです。



娘の方は、父親(夫)からうるさく言われてムッとしても、
ちょっと時間が経つと冷静になり、「自分の為に言ってくれたのだから。」と思うようです。



娘の方が大人ですね。



プロフィール

あんぱんちー

Author:あんぱんちー
電機・技術系の仕事(自営業)をしてる夫と大学4年生の娘を持つ、普通のアラフィフ主婦です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR